THE

TEAM

​CEO

佐藤 浩一

CEOの佐藤は、医療機器産業に20年以上精通しており、その経験と知識は特筆されるべき強みであります。海外での商談や他企業とのパートナーを通してグローバル企業がどうあるべきかを肌で感じて参りました。特にRFIDにはこの20年以上の間投資を重ね、RFIDの成長が著しい中国にて上海の研究チームと共に製品を創り上げてきました。この度、もっとも品質に厳しい日本市場に、自信を持ってお客様にご提供できる製品が完成し、新たに日本RFID研究所を創設致しました。弊社チームも佐藤の市場将来性の審美眼やクイックな理論思考には絶大な信頼を置いており、新たな航海の船出に全力で舵を切って参ります。

COO

杨兵 Patrick

中国屈指のITの研究機関電子科技大学MBAを保持するパトリックは弊社COOとして強烈なリーダーシップを発揮します。大学でのシニアトレーナーおよび講師も務める彼は、10年以上もの間、ヘルスケア産業でのマーケティング、マネジメント経験を積み今日に至っております。パトリックのセールスネットワークはのべ40カ国で数多くのクライアントとパートナーシップを結んで参りました。彼の明るい性格とお客様のニーズを把握し、実現する推進力はチームへ活力を与えています。

​日本マーケットディレクター

​田川 大輔

病院の医療材料を管理する業務を請け負った際に、大量に発生する期限切れ材料を目の当たりにし、RFIDを用いて管理できないものかと考え、2004年に病院内医療品追跡システムとこれに用いる医療品ピッキング用カートおよび備品用ラックとして開発を進め、翌年にはHOSPEX Japanにてコンセプトモデルを発表しました。 日本RFID研究所では、田川が経験してきた医療産業での知識を生かし、RFIDのアプリケーションをご提案しています。素早い意思決定と、国籍や年齢に囚われない柔軟な思考は、新たに成長するRFID市場には欠かせない次世代のリーダーの姿です。

​海外セールスディレクター

 江娟 Alisa

​アリサは、医療での感染管理製品の海外セールスを長く務めており、その経験はRFIDでの医療アプリケーションにも生きています。学生時代は、アメリカ、ペンシルバニアでインターンに従事し、実際の現場でのビジネスを肌で感じました。英語が堪能であり、多くの海外のお客様との交渉のキーウーマンとして活躍しています。彼女の落ち着きながらも鋭いビジネスに対する姿勢はチームを次のステージに導きます。

​総務

刘敏 Kimy

キミーは医療とバイオサイエンス領域での国際貿易に長く従事しております。RFIDプロジェクトではソリューションや備品などのご提案を致します。日本RFID研究所では、リエゾンとして、ビジネスが円滑に進むようサポート致します。キミーの繊細さや内に秘める芯の強さは、彼女の強みです。

​マーケットディレクター

张万平 Robin

​ロビンは、中国に所在する法人2社のCEOとして、RFIDのシステム及びアンテナの製造をしております。彼のRFIDでの豊富な経験値はチーム内で、製品設計などにおいて明快かつ現場の視点から製品をよりよくする為に活躍しています。1996年から製品モジュールや製品のビルドアップに着手し、2000年からアンテナやRF製品のデザイン、設計を始めました。すでに数多くのUHFのコミュニケーションアンテナやNFCアンテナの製造に成功しています。彼はLG、モトローラ、エリクソンやノキアなどともパートナーとして活動しています。

海外(EU)ビジネスマネジャー​

丹羽 雄暉 

​マンチェスター大学AMBS在籍している丹羽は、世界市場でのRFIDの可能性とその成長性に共感し、学生の傍、グローバル業務での円滑なコミュニケーションの柱として奔走しています。Webデザインを始め、幅広い分野を担当しています。ロジカルで柔軟な思考でグローバル戦略を任されており、制度及び文化の差をGlobe(2004)、Hofstede指数やWorld Bankのデータを駆使して導出し、合理的なマーケットインの可能性を探ります。

© 2019 by JRI 日本RFID研究所. All rights reserved.