top of page
検索
  • Yuki Niwa

株式会社日本RFID研究所、2023年IOTE深センに向けて力強く復活

株式会社日本RFID研究所、2023年IOTE深センに向けて力強く復活


4年後、2023年9月の黄金の秋に、日本のRFID研究所は革新的な技術と誠意を持って2023年のIOTE深セン展示会に戻ってきます。

3年間の休眠、沈殿、蓄積を経て、日本のRFID研究所が一連のRFID医療革新製品、ソリューション、より良いサービスを提供することを発表できることを光栄に思います。これは、変化する市場のニーズに応え、世界中のユーザーがより大きな価値を生み出すことを目指しています。 。

日本のRFID研究所は設立以来、IoT技術の研究、開発、応用に取り組んできました。長年にわたる蓄積と開発を経て、今ではこの分野のリーダーの1つになりました。当社の製品とサービスは、医療健康、スマートシティ、スマートマニュファクチャリング、スマートロジスティクスなどの多くの分野で幅広く活用されており、お客様から厚い信頼をいただいております。

顧客により良いサービスを提供し、市場のニーズを満たすために、当社は過去の期間において、より詳細な市場調査と技術研究開発を実施してきました。継続的な技術革新と事業拡大を通じて、当社は一連の新製品とソリューションをこの展示会に出展してきました。


今回展示された新製品およびソリューションは以下のとおりです。

高額消耗品管理ソリューション、CSSD手術器具管理ソリューション、麻薬管理ソリューションなど。

当社は、お客様のさまざまなニーズとアプリケーションシナリオを満たすために、より専門的なカスタマイズされたサービスをお客様に提供します。同時に、お客様がより便利で効率的な使用体験を享受できるように、より包括的なアフターサービスと技術サポートをお客様に提供します。

ここに、日本RFID研究所に対する継続的なサポートと信頼を寄せてくださったお客様、パートナー、業界関係者の皆様に感謝いたします。当社は今後も「世界中のユーザーのために精度、快適さ、より良い未来を構築する」という企業理念を堅持し、競争力と影響力を継続的に向上させ、顧客とパートナーにとってより大きな価値を創造していきます。


日本のRFID研究所の力強い復活は、私たちが新たな開発段階を迎えたことを示しています。

私たちは今後も、より高い水準、より良い製品、より良いサービスでお客様のニーズに応え、お客様にとってより大きな価値を創造していきます。


閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アップデート

1. 2022 年 2 月、当社は 日本においてSpider8000pro のMIC 登録認証に合格しました。 2. 2022年5月、当社は日本においてRFIDグローブリーダーのMIC登録認証に合格しました。 3. モバイルデータ端末のUHF RFID リーダーの MIC 登録は現在登録中です。 今後日本での販売開始を全面的に開始します。

Japan RFID Institute in 2019 Shenzhen IOTE Exhibition 日本RFID首战2019 深圳IOTE物联网展会

この度、日本RFID研究所が中国深圳で開かれるIoT国際展示会に出展する運びとなり、かつてないほどの多くの方にご来場頂けましたことを心より御礼申し上げます。過去展示会の詳細につきましては、サイトリンクよりご確認いただけます。 http://eng.iotexpo.com.cn/IOTMedia.aspx We, Japan RFID institute, had exhibited our pro

日本RFID研究所株式会社の設立に際して About foundation of our firm (English below)

この度、平成31年6月に日本RFID研究所株式会社を設立いたしました。この研究所はRFIDシステムを主たる事業とし、これらの新しい技術に特化した事業展開して参ります。2025年問題の解決と技術立国日本が他国への人口減少ソリューションのモデルとなるべく愚直に進んで参ります。 Our firm, Japan RFID Institute Co.,Ltd., was founded on June in

Comments


bottom of page